化粧品の成分、結局どれがいい?

化粧品の美容成分でたるみに良いもの

 

今はいろんな化粧品が売られてます。保湿力があるもの、エイジングケアができるもの、美白ができるもの…

 

それぞれ成分が違うんですが結局がどれが良いの?というのが本音ですよね。パッケージを見ても小難しい成分名が書いてあるだけで効果なんてわかりません。

 

こちらでは、たるみに良い化粧品の成分をピックアップ。簡単な仕組みを書いてますが、ひとまずこれらが入っている化粧品ならOK!選ぶ基準の参考にしてみてくださいね。

 

顔のたるみに効果的な美容成分

肌の保水力を高める『セラミド』

角層細胞のすき間を満たし、細胞間の水分をつなぎとめている「セラミド」。セラミドに満たされた肌は、バリア機能に富んで外からの刺激にも強くトラブルも起こりにくくなります。

 

セラミドが不足すると乾燥してバリア機能の低下を招き、肌のトラブルを起こしやすくなります。そのため敏感肌用の化粧品にはセラミドを含有したものが多く、バリア機能を向上させるのが特徴です。

 

潤いをキープする『コラーゲン』

コラーゲンは骨や真皮などを構成するたんぱく質の一つで、年齢を重ねるとともに減少します。ではコラーゲン配合の化粧品を使うとコラーゲンが増える?というと…実は化粧品に使われるコラーゲンは別物。

 

化粧品のコラーゲンは保湿力に優れた成分で、肌のうるおいキープと整肌作用が期待できます。乾燥を防ぐのでバリア機能を高めることができ、肌内部のコラーゲン分解も予防します。つまり長期的に見て肌内部のコラーゲン維持に役立つんです!

 

コラーゲン生成を促す『プラセンタ』

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出した成分。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作っている真皮の『線維芽細胞』に働きかけて生成を促してくれます。つまり内側からのふっくら感をサポートしてくれる美容成分!

 

医療用にも使われている成分で、化粧品に含まれているのは豚や馬、羊などの動物由来のものが中心です。プラセンタはサプリメントでも摂取できるので、内側からも外側からも同時にケアしていきたいですね。

 

ターンオーバーを促進『レチノール』

レチノールはビタミンA誘導体の一種。主に皮膚や粘膜の細胞分裂を活性化させる作用を持っています。ターンオーバーを活性化させる力は強力で、シワ改善も期待できます。

 

やや刺激があるため使用には注意が必要ですが、シワ・たるみなどエイジングサインへの効果は最も期待できる成分の一つ。

 

お肌の老化予防『ビタミンC誘導体』

ビタミンC誘導体は、肌の新陳代謝を促したり活性酸素を除去する働きが期待できます。活性酸素が増えると肌に様々な悪影響をもたらしますが、ビタミンC誘導体が入った化粧品を使うことで、その状態を防ぐことが可能です。

 

肌の老化である顔のたるみにも有効で、美容液のイオン導入をするとより肌の深層部まで効果を届けることが出来ます。ニキビや毛穴にも効果的です。

 

たるみを押し返す力を与える『ペプチド』

ペプチドとは、いくつかのアミノ酸が分解される前に結合した状態の『たんぱく質』のこと。表皮細胞の増殖や真皮層の繊維芽細胞の増殖を促す作用を持っています。

 

目の下のシワのもとになる表皮と真皮層の両面の新陳代謝を活性化させるので、シワを押し返す働きを期待できます。ペプチドは肝臓などの器官で代謝され生成される物質なので、安全性も高いのが特徴。

 

>> 顔のたるみに効く化粧品30選  TOP